ママはデジカメこう選ぶ!

なかなかママだけでデジカメを選ぶってのも大変かもしれませんね。
だってデジカメは立派な機械なんだから。
スペックなんても見たらもう(@_@;)ってな感じかも??


女性らしく賢く使うために『デジカメはかく選ぶべきである』と勝手に考えてみました。(^_^)
本来ならいろいろとカタログを見ながら比較した方がいいんでしょうけど、どれが重要ポイントだなんて分からないですよね?そうなると勢いデザインと価格に落ち着くことになります。
でも、デジカメ選びにはその他にも考えた方がいいポイントがあります。
それを見ていきましょう。



★ポイント1
画素数。
印刷を考える上では当然画素数が大きい方がいいでしょう。
やっぱり笑顔はできるだけ高画質で記録したいですよね?(^_^) 
我が家で使っているCASIOのExilimは非常に薄くて持ち運びが便利なんですが、画質よりは携帯性を重視しているので画質はよくありません。


誤解してもらいたくないのですが、何万画素だから画質が悪いんではないということ。
カメラメーカーそれぞれ絵作りにおけるノウハウがありますから、どこを重視してどこを切り捨てるっていうプロセスの結果なのです。
そのため前出のカメラは、記録写真としては画質はいまいちと言うことになります。
ただやっぱり薄いデジカメは便利です。
CANONのIXYよりもむしろExilimを多用しているくらいです。


画素が問題になるのは印刷するときです。
初めてのデジカメであれば、やはり最低でも400万画素は欲しいところです。
予算が許せば500万画素を買ってみてください。
L判で印刷したときの解像度では、400万画素以上あった方が鮮やかですよ。



★ポイント2
光学ズーム。
ママならきっと運動会やお遊戯会でバンバン写真をとりたいと考えているはず。
でも残念ながらそうしたシチュエーションでは子供の近くに寄れません。

なので最低でも光学3倍ズームは必要となります。
まぁ今のデジカメでしたらほとんど3倍ズームは備えているから心配はありません。

ただし、子供がいる前提で考えると、レンズは本体に収納される構造の方がいいでしょう。
沈動式と言われる方式なのですが、レンズがスイッチオンの時に本体からせり出してきます。
オフにすると本体に収納されます。


レンズが本体から常にせり出している機種の場合は、筐体自体が大きくなりがちですからその辺を考慮する必要があります。


とは言っても、レンズが大きいと暗いところの撮影では有利になります。
特にフラッシュが届かない距離であれば、大きなレンズを搭載した機種の方が設定次第でフラッシュ無しでも撮影できるようになります。
この辺はやや上級者のテクニックになってくるので、研究してみてください。



★ポイント3
やっぱり何といってもデザインでしょう。
女性ならこれは外せません。(^_^)


もし写真をいろいろと設定を変えて撮影したい、というのでなければ、デザイン優先で選んでも問題ない。と断言しましょう。
とはいってもデザインだけではバランスの取れた機種を選べるかという問題はありませすけど。


要はママにとってデザインとは何か?です。


それはズバリ、『かばんに入れても邪魔にならないか』です。
大きくかさばるデジカメよりは、すっきりしている方がいいですよね?これは当然です。
だって女性のバッグはいろんなものが詰まっています。
最低でもお財布、化粧品、エチケットグッズなどなど。


そこにこっそりひっそり入れてもらうんですから、デジカメは小さい&軽い方がいいんです。
今は女性をターゲットにしたデザインも増えてきているので、選びやすい環境になっているでしょう。
ぜひ他のママが羨むようなデジカメをゲットしてくださいね。(^_^)
スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。