パパはデジカメこう選ぶ!

パパがデジカメを選ぶときの基準ってなんでしょうか?
きっとカメラの性能で選ぶと思います。
かくいう私も同じです。(^_^)


でもカメラの性能だけで選ぶとなると、意外とある問題にぶつかってしまうことがあるのです。


それは、『可搬性』です。


難しく書きましたが、実は簡単なことです。
ようするに、性能を重視するとカメラはより大きくなるということ。


大きなカメラではさすがに毎度毎度持ち運ぶのはしんどいですよね?かばんに入りますか?私は普段出掛けるときは小さいカメラを持っていきます。


ちなみに、息子と公園に行った時にデジタル一眼レフカメラを持っていきました。
そしたらなんとやっぱり子供の面倒を見ながら写真撮るなんて難しい!大きなカメラだと余計難しい!!
なので、このとき思いました。


『やっぱり小さいカメラでさっと撮らなくちゃなぁ~』って。(笑)
ではどうやって選ぶか?パパのカメラ選びを3つのポイントから見ていきましょう。



★ポイント1
 レンズの性能。


ようするに望遠と広角のスペックです。
望遠は3倍ズームとか、高い機種になると10倍ズームとかってなっています。
望遠はあまり使い過ぎると写真がブレる要因になりますから、あまり多用するのは考えものです。


とはいえ、もし子供が小さいのなら3倍ズーム程度でOKです。
幼稚園や小学校のお子さんがいる場合は、やっぱり10倍ズームが必要ですよね?でもズームの倍率が大きければ大きいほど、値段もはりますからその点は考えましょう。


わたし的には3倍ズームであれば十分だと思っています。
だって大きく写したいのなら、自分が被写体に寄っていけばいいんですから。


被写体に寄っていって、ちょっとズームを使う。
そんな使い方で十分笑顔があふれる写真が撮れますよ。



★ポイント2
 スタミナ。


せっかくのデジカメなのに出掛けるときに限って電池切れ。
あるいはたくさん撮ろうと思ってたのに、途中で電池切れ。
うぅぅ、切ない。。。(T_T)


小さいカメラはやはりそれなりのバッテリー容量です。
ただし工夫次第でなんとか長持ちさせることもできます。

こまめに電源を切るとか、液晶モニターをオフにするとか、フラッシュはオートにして必要のないときに発光させないとか。
これだけでも随分と違いますから、試してみてください。


カメラによってはアルカリ電池も使用できるものがあります。
常時アルカリ電池で撮影すると、とんでもなく電池の消耗が激しいので実用的ではありません。


しかし、もしものバッテリー切れの時には非常に便利です。
専用の充電池がいいか、それともアルカリ電池も使える機種にするか、使用する状況を考えて選んでみてください。


買う前にバッテリーの持ちを調べるのって至難の業ですよね?カタログの数値と実際使う時の時間は違う場合も多々あるし。
そんなときは価格ドットコム(kakaku.com)の掲示板で質問してみましょう。


機種ごとに掲示板がありますから、発言数の多い機種は売れていると考えて間違えありません。
(ハイアマチュア向けはその限りではないですけど)


 質問するときはできるだけ詳しく思っていることを書きましょう。
答えてくれる人のほとんどは、真剣にあなたの質問に答えてくれます。
だから中途半端な聞き方だとかえって失礼になってしまうのです。
まぁこれはリアルな世界でも同じことですが。



★ポイント3
画素数。


これは最初に考慮するポイントですよね?でも今のデジカメは、普及価格帯と言われる4万円程度であれば400万画素はあたりまえ。
あるいは500万画素だって余裕で手に入るでしょう。


だけど画素だけでは画質は決められないのです。
CCD/CMOSという撮像素子(センサー)の大きさや画像処理ICなどによって画質は決まります。



一般的にはCCD/CMOSが大きければ一画素あたりの受光容量が多くなるので、それだけより多くの情報(色など)を取込むことができます。
ただコンパクトデジカメの場合は、1/2.7インチとかが相場でしょう。


とはいえ、取込む情報が多くなると、それだけ情報処理に時間がかかることになります。
ここで画像処理ICが登場します。


詳しくは書きませんが(というより書けない?)、この画像処理ICの性能いかんで画質が決まります。
またメモリーに記録する際の時間も決まります。


まぁ画素数が大きくても、センサーが小さいとあまり画質的に優れているとは一概に言えないんです。
センサーについては、同じクラスの他社製品と比較してみてください。
分母の数値が小さいほどCCDは大きくなります。


つまり画素数を考える上で、センサーの大きさはどうか?を考えましょう。
たとえばですが、400万画素でも1/2.7インチであるよりは、320万画素で1/2.3インチの方がきれいに写ったり、も考えられます。
まぁあまり難しく考えるよりは、次の一点で画素を考えましょう。


『大きくプリントするか?』
つまりサービスサイズ程度で印刷するのなら、320万画素程度でも十分OK。
A4で印刷を考えているのなら、最低でも400万画素は必要でしょう。



画素を考える上で、この一点に集中しましょう。
センサーの大きさは座学みたいなものです。
実際にはサンプルを手にとって比べるしかないし、素人が見てもそんなに画質の違いなんて正直分からないですから。

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。