Top >  デジカメの使い方編 >  AWBって何?

AWBって何?

 意外とどういった機能か分からないのが、このホワイトバランスだと思います。どうです?積極的に使っていますか?


 初期設定はオートホワイトバランスですから、特に意識して使ったことはないでしょ?もちろんデジカメ大好きの人だったら設定を変えているかもしれませんね。(^_^)


 私も状況次第では設定を変えています。


 さて、ホワイトバランスとは何でしょうか?デジカメは白を白く撮影しようとして、被写体の色を調整します。このときに基本となるのが白なのです。しかし光源によっては白が白く見えないこともあるんですね。たとえばオレンジ色の光の場合、白は真っ白にならないですよね?あるいは光源のせいで、白が再現されなくて青や緑が被さったような色になってしまいます。


 こうなると写真全体の色が見た目と違ってくるので、注意が必要です。高級機種になると、手動でホワイトバランスが調整できます。白い紙をカメラの前にかざして調整します。


 しかし私たちはそこまで気を遣う必要はありませんからね~。(^_^) むしろホワイトバランスの項目にはいろんな設定値があるので、それ使って面白い写真を撮ってみましょう。


 まずAWBと書いてあるオートホワイトバランス、晴れ、曇り、蛍光灯、白熱灯、があると思います。(カメラによって呼び方は違うので、取説を見てくださいね。) それぞれの設定値は違いますから、同じ被写体で実験してみてください。


 とりあえずSANYO MZ3で撮影したサンプルを用意してみました。デスクランプは白色蛍光灯を使用しています。ホワイトバランスを変えて同じ被写体を撮りました。露出は一定です。



オートホワイトバランス

晴れ

曇り

蛍光灯

白熱灯
 オートホワイトバランスを基準とすると、晴れはやや黄色味、曇りは背景まで黄色味。
 この中で実際の色に近いのは蛍光灯。
 白熱灯は結構サイケデリックな演出になるので、これは違った使い方ができそう。ちょっと冷たくなるような絵作りです。

 曇りは見ての通り黄色が強くなるので、実際に曇りの屋外での撮影では設定してみましょう。
 もちろん屋内で撮影する時も、暖かみを加えたい時に使えるでしょう。


 通常「曇り」の設定では、やや赤みというかオレンジ色を強調しているので、夕焼けなどを撮影すると味のある写真になることがあります。また蛍光灯は全体的に青というか白というか、サイケデリックな感じに仕上がる場合があります。


 私的には時々「曇り」を使います。なんとなく暖かみのある色合いが欲しいときに、非常に便利です。ちょっとした工夫で面白い色になるので、ぜひ遊んでみてください。(^_^)


 デジカメはじゃんじゃん写真が撮れちゃいますから、いろんな実験が簡単にできます。


 このホワイトバランスだってあるのは知っていたけど、どう使うかよく分からない、なんのためにあるのかよく分からないって人は多いと思います。


 これを機会に色々試してみては如何ですか? 設定は簡単なので、一度は実験してその機能を理解してみましょう。(^_^)

デジカメの使い方編

関連エントリー

露出補正とは? 写真に失敗はない! ケースに入れるな! ISOとは? AWBって何? フラッシュは使うな! ママの使い方 シーンモードを知る デジカメ箱から出したら