Top >  デジカメの使い方編 >  ISOとは?

ISOとは?

 ISOというのはフィルム感度のことを指します。銀塩カメラの場合はフィルムを買ってくる訳ですが、パッケージに400とか100とか書いてありませんでしたか?


 ISOの値が高ければそれだけ高感度になります。しかし反対に粒子が粗くなるので、出来上がりの写真が粒っぽくなります。デジカメのモニターだけを見ただけではわかりませんが、コンピュータのモニターで大きくしたときや、印刷したときにノイズが目立つことがあります。


 デジカメの場合ISOは機種によって設定できる値が違ってきます。もちろん普段はオートの設定になっているので、あまり気にも留めていないとは思います。


 手もとのカメラを見ると、Sanyo DSC MZ-3は100/200/400の設定値です。100が一番感度が低く、400が高いことになります。


 通常100よりは400にした方がいいのか、という疑問も出てきます。ではISOの基本的な使い方を見ていきましょう。


 ISOの使い方としては、光量が十分足りていてシャッタースピードが十分早い場合は100程度でOKです。


 逆に多少光量が不足するようなやや暗い場所ではフラッシュを使うかわりにISOの感度を上げてシャッタースピードが上がるかどうか試します。


 ただし感度を上げると写真にノイズが出てきます。


 つまり、シャッタースピードが十分速く被写体ブレを起こさない状況での撮影は100で十分。少し暗い感じの場所でフラッシュを使いたくない場合は200とか400に設定。


 100は、画質きれい、明るい場所での撮影。


 400は、画質はノイズが走る、暗いところで撮影するときにシャッタースピードがちょっと速くなる。フラッシュを使わなくてもいいかもしれない。


間違ってISO800で撮影した写真です。
サイズを縮小している関係で圧縮していますが、基本的にはこんな感じのノイズがのります。
クリックすると800x600の画像が開きます。


 とはまぁこんな感じです。同じ被写体を実験台にして、設定値を変えながら試してみてください。それと撮影しているときになんだか暗いなぁって思ったら、ISOを変更してみることも必要でしょう。(^_^)


 ここまでできれば、デジカメを使う喜びも生まれるし、家族からも信頼も生まれる?!


 最後にまとめです。


 ISOというのはフィルム感度のことです。この感度を上げれば若干暗いところでもシャッタースピードが速くなります。


 しかしその代償として写真にノイズが出てきます。


 通常はオートを選んでおいて、もしやや暗いところで撮影しようとするなら、ISOを段階的に400まで上げてみるといいでしょう。(^_^)

デジカメの使い方編

関連エントリー

露出補正とは? 写真に失敗はない! ケースに入れるな! ISOとは? AWBって何? フラッシュは使うな! ママの使い方 シーンモードを知る デジカメ箱から出したら