Top >  デジカメ?日記 >  スローシンクロでフラッシュを炊くと。。。

スローシンクロでフラッシュを炊くと。。。

[PR]中国語0中国語1中国語2中国語3中国語4中国語5中国語6中国語7中国語8中国語9中国語10中国語11中国語12中国語13中国語14中国語15中国語16中国語17中国語18中国語19中国語20中国語21中国語22中国語23中国語24中国語25中国語26中国語27中国語28中国語29中国語30中国語31中国語32中国語33中国語34中国語35中国語36中国語37

この写真はスローシンクロという設定でストロボをたいています。


これは、通常のストロボはシャッターを押したのと同時にフラッシュしますが、スローシンクロだと最初にシャッターが開いて、少し後からフラッシュします。


通常は、動きの速いものをスローシンクロで撮ると、被写体が糸を引くように影が出来るんですね。つまり、すーっと分身が出来ているような感じです。


実は、普通にフラッシュをたくと、フラッシュの色が強過ぎて濃い影が出たり、色が白くなったりします。これは経験あると思います。


そこで、このスローシンクロを使うことで、フラッシュの色が強くでないで、ある程度キレイに撮ることが出来ます。


ただし、被写体ぶれや手ぶれの影響を受けますので、それは覚悟しなくてはなりません。


この写真も被写体ぶれをしていますから、もやがかかっている感じがします。とはいえ、それも一つの写真の味、だと思えばそうなのですが。。。

デジカメ?日記

関連エントリー

広角に凝ってます EOS40Dの弱点とは? スローシンクロでフラッシュを炊くと。。。 日中シンクロを使ってみました 寄せて撮影してみる 背景と被写体と視線